絶景の感動を共有

長い橋からの景色を2人で楽しむ

沖縄本島には、すぐ近くの離島まで続く橋が幾つかかかっています。また、離島の中にも距離が近い島同士を結ぶ橋が幾つか存在し、全長3kmを超えるものもあるほどです。海がそんなにきれいではない地域において長い橋を渡っても、そんなに際立った感動はありません。しかし、この県内の海にはエメラルドブルーまたエメラルドグリーンという色に相当する幻想的な美しい海が広がっており、橋の上からは絶景を楽しめます。その光景は最高にロマンティックでカップルで訪れたら気分が盛り上がる事間違いなしのため、男女2人で旅をする際は是非、島と島を結ぶ橋を渡ってみてください。ちなみに県内の各橋には歩道・自転車道が設けられており、車以外も通行する事が可能です。歩きやレンタサイクルで橋を渡る場合はある程度長い時間橋の上で過ごせます。

美しい星空を2人で楽しむ

夜空の星とは、空気が澄んでいなかったり下からの灯りが多いとあまりよく見えません。国内の大都市は第二次大戦後に大規模な都市開発が進み、今では美しい星空がみられなくなってしまっています。そして本州内で美しい星空をどうしても見たいとなると、まずは街灯りが少ない郊外に行く必要があるほか、大気が澄んでいる標高1000mまで登らなくてはなりません。しかし、沖縄県は都市開発が進む本州とはかなり距離が離れており、基本的に空気が澄んでいます。さらに本島の北部エリアや未開発の離島は下からの灯りもないため、天体観測をするには最適なエリアです。普段、大都市に住んでいる人達がアッと驚くほど沢山の星・星雲などが見渡せますが、その光景もまたロマンティックなため、カップルにはおすすめです。

与論島の南側に広がる海の中には全国的に有名な謎の海底地形(海底遺跡)があります。与論島の旅行の中で半潜水海底観光船に乗ると、その海底地形を間近で目撃することが可能です。